戦うママのブログです

戦うママ

子育て奮闘記 馬鹿夫

長男と次男を生んだ時の事を思い出してみる

更新日:

前回、子供が出来たと報告した時の事を書いたので、出産した時に書いた日記を読み返してみた。
そこで今回は一人目と二人目の違い(出産に関して、夫の言動に関して)について書いてみます。

☆長男出産

私の長男は少し小さめの赤ちゃんでしたが、それでも産む時はかなりの激痛でした。出産があんなにきついもんだとは思いもしなかった

まず陣痛が長すぎ。二日前の夜から微弱陣痛が始まる弱い間は全然平気なんだけど、かなり痛みが強くなると本当に大変。
そして、強い痛みの陣痛が12時間とかありえない。マジありえない。

「もう無理!!切って出して!!」と何度叫んだか。陣痛って間隔が狭まるにつれ痛くなるもんと思ってて、10分間隔はそんな痛くないと思ってた。
ところが本陣痛だとバリ痛い!!!NSTの紙を見てみると、私はどの間隔もかなりの張りのようです。痛い時間も長かったりするし、産むのより陣痛に耐えてる時間が辛かった。

もちろん産むのも痛かったよ。先生の内診で破水されてから、ず~っと張る度に手を突っ込まれいじられる。何の拷問かと思った。

最後の方とかずっと入れっぱなしでグリグリしながら赤ちゃんを導く。私は歯を食い縛らないよう、とにかく息を吐き続けました。

そして止めが吸引で赤ちゃんの回転を一度補助する行為。『何事!!!!????』と思いました。説明出来ない痛さです。
そして赤ちゃんを最後に押し出す時の痛み…。

先生が引っ張ってくれるのですが、出てくるとこのサイズと赤ちゃんのサイズが…。これも言葉では説明出来ません。キチキチ、パツパツ、ビリッ、切れました。
丁寧に縫われたので縫う回数が多く、麻酔無しなので痛みにさけびます。出産後は股とお尻が痛く、下半身ガクガク。歩く姿はお婆ちゃんです。

そして夫がが産声聞くのに間に合わなかったのが残念だったのを覚えています。5分の遅刻でした。
産まれたばかりの赤ちゃんは見れて触れたけど、やっぱ聞いて欲しかったから残念です。

で、何故か私の父親が来ていて、父親は産声を聞き、分娩室に入って出たばかりの赤ちゃんも見てました。産まれたら連絡するって言ってたのにね。

私の顔パンパン。寝てない、浮腫、疲れた顔…。人様に見せれない…、そんな状態での記念撮影。何の罰ゲーム?

こんな経過を経て産まれた我が子。とっても可愛いです。体が小さいからか声も可愛らしく、聞く度に嬉しかったです。ず~っと見ていて飽きません。

夫の感想は「エイリアンみたい。」と酷いものでした。でも、嬉しそうに赤ちゃんを触っていたのを覚えています。
それなのに今では…。

☆次男出産

当日1:30頃に陣痛らしきものが始まる。 間隔がある痛みだが、まだ耐えれるぐらい。

徐々に痛みが強くなってきて、間隔も10分切っていたので病院に電話。
まだ耐えれるなら、破水もしてないしあと2時間ぐらい様子見と。

2時間後、痛みは強くなるがまだ耐えれる。
けど間隔は6分台が多くなってきて心配だから父に車を出してもらう。

病院に着くと先生待機されてて、すぐに内診。
『まだまだ。昼頃入院で良いよ。家でのんびりしときなさい。』と。

実家に帰るが、個人的にはさっさと入院したかった。
でも先生の善意だからね。 あの時入院すると時間外プラス休日料金だから。
家の方が楽でしょうと。

10時過ぎに、私の両親が弟と長男を連れて買い物へ。
前からその予定だったんで、長男の面倒を見てもらうって事で行ってもらった。

病院には夫を呼び出して送ってもらい、産む時も夫にいてもらう。

11時前の時点で5分切る。
11:05に夫に電話。
11:40頃に病院到着。

看護師(助産師かも?)さんに診てもらうと、4cm開いてるからこのまま入院はしてもらいますね、と。

やっぱ2回目は早いんだね。
前回はこの感じの痛みでは全然開いてなかったもん。

12時前に入院。
夫は仕事があるから一旦帰宅。
15時には来てもらうようお願いする。

入院してからドンドン痛みが増してくる。
前の時を思い出して、段々怖くなってくる。

夜中に寝てない(うとうとする度に痛みで起きる)から、病院で横になってると寝てしまいそうになるが、痛みで起きてしまう。
出産前に疲れてる感じ。

声を出してないと駄目なぐらいの陣痛になり、分娩台で内診。
良いぐらい開いてきてるけど、赤ちゃんの頭がまだ降りてきてないから椅子に座りましょう、と。
重力が働くから寝てるより座ってる方が良いそうです。

…座ると痛さ増す!!

そのまま何回か陣痛を耐えるが、前回よりへたり気味になってしまった私。
夫を早めに呼び出す。

今回自分で産みながら携帯ムービーで撮影しようと思ってたが無理そうだと判断。
(前回はしてないけど、やれば出来たので。)
着いたら携帯渡して説明して、撮影をお願いする。

いよいよ、という時まで夫は部屋で待機。
私は分娩台に上がり、完全に開くのを待つ。

それまで何回も陣痛に耐えるが、座ってる時よりはまし。
終わった後に「分娩台に上がってから落ち着いてましたね。」と看護師さんに言われたけど、座ってる時より楽だったんです。

開ききるかな、というところで破水。
前回産む直前に先生が破水させたのとは違って、流れてきた量は少なかった。

2人目なので、さぁ今から産むよ~となってから早いと思っていたが、長男の時より時間がかかった。
(一般的な平均時間からすると早いみたいだけど。)
次男は回旋補助もなく、最後まで自力で産みました。
(長男は回旋補助だけあり、押し出すのは自力。)

頭が見えてきたよ、触れるよと触らしてもらう。
長男はここからすぐ押し出せて産まれてきたけど、次男は暫く挟まってる状態。

何回も陣痛に合わせて押しだそうとするが、中々出ない。 これがかなりきつくて両足が吊りそうになる。

先生が5分で産まれるよ、と言った場面から夫が撮影スタート。
本当に5分ぐらいで産まれてきた、すげ~と言ってました。

今回は看護師さんがずっとマッサージ(…という言い方で良いのかな?)して入り口を解しながらのお産だったので、切れる事なく出産出来ました。

産まれてきた次男を見て思った事。 今回は青黒い。長男の生まれたての顔にソックリ。
でした。
長男の生まれたては赤黒かったんだけどな?

暫く挟まってたので、顔が鬱血して赤くなってました。

今回の出産の方がきつくて疲れまくり。
産み終わったら、分娩台に寝ている状態で足腰ガクガク震えていた。

長男の時はこんなならなかったのにな?
台から自力で降りれないぐらいガクガク震えてました。

次男の臍の緒が珍しかったらしく、その部分だけ写真を撮られました。
綺麗に結ばれていて、どうやったら結ばれる?と不思議でした。

ちゃんと栄養いってるのかと心配したら、大丈夫と言われる。
確かに、長男より大きく育って産まれてきてる。
だから挟まってしまったのかな?

生まれたての次男をカンガルーケア。
やっぱ可愛い。 客観的に見ると、生まれたてって汚れてるし、圧迫されて出てくるから顔潰れて不細工なんだけどね。
それなのに可愛いとしか思えない。

部屋に戻り、夫は次男の顔を見たら帰宅。
「俺は出産喜んでないからな。」と言い続けた夫。さっさっと帰って行きました。

その後私の両親、伯父(私の兄)、叔父(私の弟)、長男が会いに。
長男は特に焼きもちやく事もなく、ニコニコ笑いながら頭をナデナデしてました。
沢山ナデナデしてくれる優しいお兄ちゃんになってます。

皆に、また旦那似やね、と言われてしまう。
うん、私もそう思った。

私に似た子も欲しかったけど…、兄弟ソックリで可愛いのも良い!!
とにかく、元気に産まれてきてくれてありがとう。
お父さんは諦めてね、お母さんが沢山愛してあげるからね、と泣きながら思ったのを覚えています。

20140123_943546

人気ブログランキングへ

恋愛・結婚
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ

-子育て奮闘記, 馬鹿夫

Copyright © 2018. 戦うママ All Rights Reserved.

Copyright© 戦うママ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.