戦うママのブログです

戦うママ

雑記

結婚式にかかる費用を安くする方法を教えます

投稿日:

結婚式ってかなりのお金が必要になりますよね。すっごく安く済ませる結婚式プランもあるが、普通に結婚式場(ホテル・ハウスエェディング等)で披露する事を考えたら、何百万とかかります。今日はそんな結婚式の費用を安くする方法を色々書いていきます。

 

まず式場選びから。ウェディング雑誌等をみて、ある程度好みの式場を選んだらブライダルフェアに参加します。出来れば1日で2件は回って欲しいです。そうすれば土日の2日間で4件確認出来ます。回れるなら1日3件でも4件でも良いですよ。そうする事で、見積りとブライダルフェアの特典をgetしておきます。この特典は式場で色々ありますが、どこの物もそれなりに良い。私は生演奏サービス、送迎バス3台無料、シャボン玉無料、等色々つけてもらいました。

あと、出来れば試食会もやっている時のフェアを選んでください。料理は結婚式で一番大切だと私は思っています。不味い式場でやると、出席者に最悪の結婚式だったと思われてしまいます。不味いとこだけは止めて~!!

そうしてある程度目当ての式場を絞り込んでから、交渉開始です。契約金を払ってしまうと交渉が難しくなるので、必ず払う前に交渉を終わらせて下さい。これ大事!

フェアで出してもらった見積りを見せて交渉します。どこの式場も自分達の所で挙げて欲しいので、特典など色々増やしたり変えたりして自分の式場を売り込みます。一番良いのは、その式場がライバル視している式場の見積りを持っていく事です。例えば、同じハウスウェディングで、式場の場所が近い等。これが全然違うスタイルの結婚式場ならそこまで頑張らないけど、同じような所には負けられないと思うようです。私はかなりサービスを増やしてもらいました。

 

契約金を払う前の交渉で決めておく大事なことは、持ち込み料を無くす事です。この持ち込み料って、結構高い!衣装なら一つにつき2~5万円、引き出物なら一つにつき500円ぐらい。それが人数分。衣装も直接衣装屋さんで契約した方が安いし、引き出物もインターネットで買った方が安いです。同じ品物なのに。

式場側はそれに関して良い顔はしません。マージンが入ってこなくなるから。このマージンとは、契約業者が式場に収めるお金の事です。どの業者も一つの品物につき何%かの金額を式場に支払っています(花・衣装・写真・引き出物・印刷物全て)。商品によってこの%は変わります。

なので、このマージン分のお金がある程度式場に入るようにするといいですよ。婚礼料理のランクを上げるとか。料理は業者ではなく、その式場内のものなので、料理の売り上げは式場の売上になります。「お客様の1番の楽しみは料理だと思うので、料理の金額はあまりケチりたくないのですよね。」とか言っておくと良いです。そこで、このお客様はある程度高く支払ってくれると思わせます。良い印象を植え付けておくのです。実際に決める段階で、下から2番目の料理を選んだり、費用がかさみ過ぎて料理の金額をあげれないと悲しそうにしとけば良いです。私は真ん中ぐらいの料理を選びました。

それから持ち込みについて交渉です。

私は結婚相手もいない時に、衣装屋さんのドレスセットの商品を購入していました。ウェディングドレス、カクテルドレス、タキシード、小物含むの3点セットで25万円。ドレスはそれぞれ30万円までの中から選ぶとかの決まりはあったけど、特別高いドレスでない限り選べるプランだったのでかなりお得商品でした。このような商品が直接衣装屋に足を運ぶと購入出来ます。

この衣装を持ち込むのに余計なお金を払いたくない、という事で私が使った理由は「親族に○○に勤めている人がいて、その人に顔を立てる為にそこで借りる事が決定してるので、それを了承してもらわないとここに決められないのです。」です。衣装屋さんとは予め話を合わせておきます。

別の人が使った理由には「私は衣装にとてもこだわっています。一生に一度なので、妥協したくありません。気に入るドレスがあるのなら良いけれど、それがなかった場合はよその衣装を持ち込むことを了承して欲しい。それに対して持ち込み料を払うのは嫌です。用意できないそちら側の不手際になりませんか?私が気に入った衣装がみつかり、それを店が購入してくれるのならその店から借りるのには問題ありません。」と強気なものもありました。用意できないそっちが悪い!という事らしいです。

引き出物についても同様に、「親族(もしくは恩師)の紹介で断れない。」という理由が使えます。私はそこの式場に入っている業者が取り扱ってない品物を選びました。最初からこの商品が欲しいので、業者が取り扱っているか確認して欲しいとお願いしました。取り扱っていないのは知っていたんですけどね。そうする事で、用意できない品だから仕方ないと思ってもらいました。

私は小心者なので、スタッフに嫌われないように引菓子は式場の業者から購入しました。少しは業者の商品も購入しないといけないと思ったのです。そんなん気にしないわ!!という人は、上記に書いたやり方で押し通して下さい。

 

あと、印刷物は自分で作ることをお勧めします、大抵の人は今パソコンとプリンター持っていますよね?印刷にしようする紙の種類も沢山あるし、凝ろうと思えばいくらでも凝ったものを作れますよ。私は見積りで27万円(ドレスじゃないんだよ?印刷物でこの金額はビックリでした!)となったものを手作りすることで、2万以内に抑えました。紙代、インク代、私の時間だけが必要になります。

私はPhotoshopのソフトを使いましたが、他のソフトでも十分作れると思います。

 

上記に書いたことを頭に入れて、交渉に臨んで下さい。妥協しない、あなたの夢の結婚式になりますように……。

恋愛・結婚
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦問題・夫婦喧嘩へ

-雑記

Copyright © 2018. 戦うママ All Rights Reserved.

Copyright© 戦うママ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.